047-411-4687
WEB予約 お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 舌側矯正

    medical

    舌側矯正|津田沼・新津田沼の矯正歯科なら【津田沼さりな矯正歯科】

    MEDICAL

    舌側矯正

    舌側矯正(裏側矯正)とは?

    舌側矯正

    舌側矯正とは、一般的な歯の表側に取り付ける矯正方法に対して、歯の裏側に装置を付けて歯列矯正を行う治療方法です。裏側矯正やリンガル矯正とも呼ばれています。周りから見て矯正装置が見えにくいため、人に気づかれにくく矯正を行うことができるのが大きな特徴です。人に知られずに矯正治療をしたい方、職業上歯の表側に矯正装置を付けることができない方にお勧めの矯正方法です。高度な技術を必要とし、治療期間、治療費用は他の治療方法に比べると多くかかりますが、外から見えずに矯正治療を行える点は最大のメリットと言えます。

    このようなご希望ありませんか

    このようなご希望ありませんか

    • 人に気づかれずに矯正治療をしたい
    • 洗浄や管理が必要な取り外しの装置ではなく固定の装置でかつ見えない装置で矯正をしたい
    • お仕事などで歯の表側に矯正装置を取り付けることができないため、裏側の装置で治療したい

    メリット・デメリット

    メリット

    矯正装置が外から見えにくい
    矯正装置は全て歯の裏側につきますので、大きな口を開けなければ度外側からはほとんどわかりません。
    表側の装置に比べ虫歯になりにくい
    歯の表側の歯面に比べると裏側の歯面は虫歯になりにくいと言われています。

    デメリット

    装置に慣れるまで違和感が強く、発音や食事のしづらさを感じる
    装置が舌にあたるため不快感が強く口内炎ができてしまうこともあります。舌を動かす際に装置が邪魔に感じて発音や食事にも影響が出ます。はじめ強く感じられる違和感は徐々に慣れてきて、食事や発音もできるようになります。
    歯磨きが難しい
    装置がついている部分が見えにくいため、歯磨きがしにくく、装置に食べ物が詰まってとれくにいこともあります。歯ブラシ以外に歯間ブラシやタフトブラシ、デンタルフロス等の補助的な器具の使用をお勧めしています。
    他の装置に比べ、治療期間は長くなることがある
    リンガルブラケットはオーダーメイドで診断後に装置の作製を開始し、作製に1か月半程度要します。また、表側のブラケットに比べると、裏側のブラケットはブラケットの間の距離が短く、歯に力が伝わりづらいと言われています。 最近はリンガルブラケットの開発が進み、以前よりもこのようなデメリットは少なくなってきてはいます。
    他の装置に比較し、費用が高い
    リンガルブラケットはオーダーメイドで、また舌側矯正は高度な技術を必要としますので、他の矯正装置に比較し、費用感は高くなります。

    当院の舌側矯正について

    舌側矯正の装置にはハーモニー、インコグニートなど様々なブラケットがあります。当院では症例に応じて使い分けています。治療期間は平均2年~3年半で、治療中は3週間に1回~月1回程度通院いただきます。舌側矯正では表側矯正と同様、治療の効率や精度を上げるためにアンカースクリューなどの補助的な装置の併用をお勧めすることもあります。

    歯科矯正用アンカースクリュー(歯科矯正用インプラント)

    相談

    新しい治療法として近年注目されている歯科矯正用アンカースクリューは直径2㎜、長さ6~10㎜程度のチタン合金製の小さなネジです。このネジを顎の骨に入れて、固定源として歯を動かしていきます。歯を動かすには固定源が必要で、通常は歯同士を引っ張り合って歯を動かしますが、この場合動かしたい歯だけでなく、動かしたくない固定源とした歯も動いてしまいます。矯正用アンカースクリューがあると、アンカースクリューから動かしたい歯だけを動かすことが可能です。アンカースクリューにより従来は難しかった歯の動きができるようになりました。当院では症例によってアンカースクリューの併用をご提案しています。

    上下顎ともに舌側矯正(フルリンガル)も可能ですが、違和感や発音への影響を考慮して、上顎は舌側矯正で行い、表側に装置がついてもあまり目立たない下顎を表側矯正で行う 「ハーフリンガル」という治療法もあり、人気があります。(リンガルとは「舌側」という意味です。)

    ハーフリンガル

    相談

    ハーフリンガルは、上の歯は舌側矯正、下の歯は表側矯正にして、上半分だけリンガル矯正にすることから、ハーフリンガルと呼ばれています。ハーフリンガルには多くのメリットがあります。

    違和感が少ない
    上下顎ともに舌側矯正を行う場合、舌が装置に当たるため、表側矯正に比べて違和感が大きくなります。ハーフリンガルでは舌が触れやすい下の歯の裏側に装置がないため、違和感が少なくなります。
    発音への影響が少ない
    舌側矯正では歯の裏側に舌が当たる発音がしにくくなりますが、ハーフリンガルでは発音への影響は少なくなります。
    見えやすい上顎は舌側矯正
    下の歯は上の歯によって被さっていることもあり表側に矯正装置がついていても上ほどには目立ちません。
    費用を抑えられる
    下の歯は表側矯正にすることでフルリンガルよりも費用は抑えることができます。

    治療の流れ

    1

    相談

    相談

    歯並びのお悩みや治療のご希望をお伺い、カウンセリング相談を行います。

    2

    検査

    検査

    ご検討いただき、治療をご希望された方は精密検査(口腔内写真、顔写真の撮影、レントゲン撮影、CT撮影、iTeroによる口腔内スキャン)を行います。

    3

    診断

    検査データを分析して治療計画を立案します。治療計画をご確認いただけましたら、次回から治療開始となります。リンガルブラケットはオーダーメイドのため、診断終了後にオーダー致します。作製には1か月半程度のお時間をいただいております。矯正治療前に、虫歯治療、歯周病治療、抜歯などが必要な場合は当院の一般歯科・審美歯科専門担当医、もしくはご希望の医院に紹介いたします。基本施術料のお支払い方法についても診断日にご相談致します。

    4

    治療

    治療

    ブラケットとワイヤーを歯に装着して治療開始です。ワイヤー以外に補助的な装置が必要な場合は先行して装着することもあります。装置装着後はおよそ3週間~1か月おきにご来院いただき、歯の動きを確認しながら、ワイヤーの調整を行います。治療期間は平均2~3年半です。

    5

    保定

    治療計画通りに歯が動いて歯並びがキレイになったら、治療は完了です。
    歯並びを安定させる保定期間へと移行します。後戻りを防止するために、保定装置(リテーナー)を装着していただきます。通院は3か月から1年に1度となります。保定は少なくとも2年続けていただくことをお勧めしております。

    成人矯正料金(舌側矯正)

    初診相談料 無料
    検査診断料(診断時) 50,000円(55,000円)
    基本施術料(治療時)
    *お支払いは分割も可能です。
    下記ご参照下さい。

    ハーフリンガル(上顎舌側矯正、下顎表側矯正)
    950,000円(1,045,000円)
    下顎表側装置
    プラスチックブラケット +25,000円(27,500円)
    セラミックブラケット +50,000円(55,000円)
    ホワイトワイヤー +25,000円(27,500円)

    フルリンガル(上下顎舌側矯正)
    1,200,000円(1,310,000円)

    調整観察料(治療、保定時来院毎) 5,000円(5,500円)

    *アンカースクリュー(埋入時) 1本25,000円(27,500円)
    *便宜抜歯(抜歯時)1本5,000円(5,500円)
    *保定開始時の保定装置代は基本施術料に含まれます。破損や紛失により再製作が必要になった場合は装置代をいただきます。
    *基本施術料のお支払い方法は下記から選んでいただけます。

    • 治療開始時に全額一括払い
    • 基本施術料のうち650,000円(715,000円)を院内分割13回払い(手数料なし)
      50,000円(55,000円)×13回(来院毎)
      差額分は初回にお支払いいただきます。
    • 基本施術料のうち650,000円(715,000円)を院内分割26回払い(手数料なし)
      25,000円(27,500円)×26回(来院毎)
      差額分は初回にお支払いいただきます。
    • デンタルローンのご利用
      スルガ銀行デンタルローンをご案内させていただきます。
      年利3.5%~ 据置期間1年 返済最長7年

    矯正治療にともなう一般的なリスクや副作用についてのまとめ

    • 最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
    • 歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
    • 装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者様のご協力が重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
    • 治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
    • 歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。
    • 歯ぐき(歯肉)が痩せて下がることがあります。また、歯の根本に隙間ができる場合があります(ブラックトライアングル)。
    • ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
    • ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
    • 治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
    • 治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
    • 問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
    • 歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
    • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
    • 装置を外すときに、歯のエナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物)の一部が破損することがあります。
    • 装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
    • 装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
    • 顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
    • 治療後に親知らずが生えて、歯列にでこぼこが生じる可能性があります。
    • 加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
    • 矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。